赤帽便の料金から検証です!

 

赤帽便引越しを管理人の引越しで検証です!
  自分の引越しに合わせて選ぶ!
荷物少なめ、多めの量で選ぶ 荷物少なめ、多めの量
口コミで選ぶ 赤帽便口コミから選ぶ

 

引越し単身パック
赤帽便引越しの引越しを安い料金にするために自分の引越しに合わせて荷物の量距離口コミから引越し準備をできるようにしました。

 

単身引越しで一番大切なことは気になる項目から、ともくかく引越しに取りかかることが大切です。

 

すべて自分で作業をするレンタカーでもなく、すべての作業を肩代わりしてもらえる引越し業者の方法でもない赤帽便をどのようにうまく使い、引越し料金をセーブするかを考えてみました。

 

それでも、どうしても手が付かないと迷った方は一括引越業者見積もりのサービスから手をつけることが大切です。

 

赤帽便引越しの基本プランを検証です!

引越し 赤帽 料金

 

引越し 赤帽 料金

 

赤帽便の基本は、運転手+引越し作業員基本1名という内容となります。

 

実際では、小ぶり軽トラックを使うわけですので、小回りが利く、荷物の積載量は小さ目、運転手が引越しの手伝いをするということですと、長距離や中距離引越しも対応はしているのですが、近場で荷物の量が少なく、作業も手伝いくらいはしてほしい方に向いていると思いました。
そんな意味からですが、荷物の少ない急ぎの単身引越しとか、学生の単身引越し、近場への女性単身引越しの方に向いているのではないでしょうか。

 

荷物の積載量は小さ目では、荷台のサイズ合わせて荷物を積み込むことになりますので、自分の荷物が赤帽便の荷台に収まるかどうかを事前にチェックしておく必要があります。

 

次に、赤帽便の料金に関してですが、時間制、距離制のふたつがあります。

 

これはどちらを選んだら安いのかは、人によって違いがありますのでそれぞれの場合で実際に計算をしてもいましょう。

 

赤帽便 料金
赤帽便ですとこんな感じの荷物の積み込みになるのではないでしょうか。幌で屋根の部分を少し上げてスペースを増やしています。

 

赤帽便
この赤帽ですと横扉もありました。つまり横からも積めますので、小さい物でしたらよりさらに詰めこめるって感じでしょうか。

 

引越し 単身パック
赤帽便幌つきの横サイズを感じてみてください。荷台にピッタリとはいきませんが、こんな感じで荷物を並べることができます。

 

赤帽便 単身
もっとアップで写真を撮ってみました。ここでわかるのは赤帽便幌つきの横と縦サイズです。小さいものでしたら上にも詰め込めるようです。

 

赤帽便 一人暮らし
積み込みには台車を使いますので、これを積むスペースも必要となります。荷台の形はタイヤハウスの出っ張りがありませんので多くの荷物を積むことができます。

 

赤帽便の会社がもっとよくわかる

赤帽便とは、すべての都道府県に拠点を擁する全国組織で、全国44に協同組合、約180ヵ所の拠点から荷物の運搬を受ける組織です。

 

赤帽協同組合
首都圏組合では、首都圏にまたがる案件を一括受託し、北海道地区では8つの協同組合がそれぞれの担当エリアに応じて業務を受託しています。

 

(株)全国赤帽
全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会の営業部門を分離独立して設立された法人で、赤帽組織全体の営業効率を高めるために活動をしています。

 

赤帽便のポリシーは、「荷主さんの心を運ぶこと」だそうです。街の中を機敏に走り回る赤帽便を良く見かけるのですが、荷台の大きさに制限がありますので、これ制限内の単身引越しをするのでしたら問題はないように思います。料金に関しても個人の場合が多いようですので交渉の余地があるようです。

 

赤帽便引越し 管理人シバのひと言赤帽便 引越し

今回の引越しでは引越し業者の他に赤帽便も選択肢のひとつに入れてみました。

 

その結果は、いろいろ悩んだ末に引越し業者を選んだのですが、理由は「引越しまでに時間が無い」という管理人シバの個人的な理由からでした。

 

ですので、赤帽便の方法がけして悪いというわけではありません。

 

むしろ赤帽便の小回りが利くところ、手軽さ、そして料金などを検証してみますとその魅力は捨てがたいものがあります。

 

赤帽便の検証をしていて気がついたのは、赤帽便は起動力や手軽さなどのメリットがある反面、中距離、長距離などの距離においてやや不安を感じることがあったことです。

 

ですので、該当する方は、自分の荷物の量にもよるのですが引越し業者との赤帽便の方法を同時に比較していくことをお勧めします。

 

このようなときは一括無料引越業者見積もりのサービスをフル活用しましょう。

 

 

荷物少なめ、多め、距離の違いから料金を検証ページへ≫