引越し繁忙期の高い料金をもっと安くする

絶対に料金が高い繁忙期をもっと安くするとは

引越し 単身パック

引越しには繁忙期があります。

 

特に、学生の新学期や新入社にあたる3月〜4月
1年で引越しが一番集中する引越し繁忙期となり、
次は夏休みを利用して引越しをする8月〜9月も繁忙期となります。

 

閑散期でしたら予約は簡単にできるのですが、
繁忙期ですと引越しの予約をすることすら困難な状態になります。

 

通常ですと、高い引越費用となりますが、
多少の工夫をすることで安い費用にすることができます。

 

引越し繁忙期とはなんでしょうか?
3月、4月の繁忙期 1年で一番引越しが集中する時期です。

 

混雑することを意識してなるべく早く予定をきめて予約をすることが大切です。

 

引越し料金も他の時期より高くなり、
アルバイトが多く混ざることで作業の質も落ちる場合があります。

8月、9月の繁忙期 夏休み時期を利用して引越しを考える方が多い繁忙期です。

 

この時期を少しでも外して引越しをすることができないかも検討してみましょう。

 

引越し料金は繁忙期となりますので高くなります。

 

引越業者は、繁忙期の混雑する時期に対応するために
多くのアルバイト作業員を大量に募集しますので、
その結果としてどうしても作業の質が落ちることがあるようです。

 

繁忙期は、作業員2名の場合ですと1名がアルバイトの構成となることが多く、
アルバイトは正社員の指示で補佐的に動くのですが、
慣れないアルバイト作業員ですとミスを犯す恐れもあります。

 

たとえば、床や壁に傷をつけてしまったり、
慣れない仕事のため効率が悪くなって時間が予定よりオーバーすることもあります。

 

どうしても心配でしたら、事前に担当の営業に作業員の構成で相談しておくと良いかもしれません。

 

また繁忙期は引越し料金も高くなったり、
割引が適応にならないこともありますので事前にチェックしておくことが大切です。

 

単身引越し繁忙期を安くするコツとは

繁忙期となりますが、
まったくといって安い引越しをする方法がないわけでもありません。

 

1、事前に不用品などを整理して
荷物を少なくすることにより一段下の安い引越しプランを選ぶことができるようにする。
2、早期割引、Web割引、平日割引、午後便、もしくはフリー便を検討する。
3、仏滅などの日が悪いときを選択する。

 

繁忙期を安くするコツとは
引越しプランを小さくする 不用品などを整理して引越しプラン自体を見直す
引越業者の割引を利用する Web,早期予約割引を利用する(業者によっては

繁忙期に適応がない場合もあり)

引越しする便を検討する 割高な午前便ではなく、午後便、もしくはフリー便の使用を検討する
日取りを検討する 平日や仏滅などを選ぶことで割引させる
割引交渉をする 複数の引越業者の料金を比較した後値引き交渉をする

引越し繁忙期の高い料金をもっと安くするとは

トップへ戻る