引越し近、中、長距離の料金比較

引越し近、中、長距離の料金比較とは 目次
その1、近距離で料金を検証する
その2、中距離で料金を検証する
その3、長距離で料金を検証する
その4、管理人シバの実際の料金比較はコチラ

 

★一括引越し業者見積もりを始める★

管理人シバが試してみたところ、SUUMO(スーモ)が提供している一括引越し業者見積もりサービス大手引越し業者をピンポイントで選ぶのに最適で、LIFULL引越しの一括引越し業者見積もりサービス赤帽便、地元密着の中小業者などに選ぶときに最適のようです。


要するに、自分スタイルに合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスから自分に一番向いているサービスを使い分けることにしましょう。


いらないものをサッパリと省いて、自分に必要なこだわりのサービスだけは残す、これが費用を節約うえでも基本にもなります。


早速、自分流スタイルに合う方を選んで一括業者見積もりサービスを試してみましょう。


 


・ハトのマーク、ダック、赤帽、メリー、マーチ、日通の費用を比較

という方は、まずは無料で一括見積もり!

HOME'Sの一括引越し業者見積もり


・サカイ、アート、アリさん、アーク、隆星引越の費用を比較

という方は、まずは無料で一括見積もり!

引越し 単身パック


管理人シバも一括見積もりを利用しましたが、
よくあるしつこい営業攻勢を受けることは皆無でしたので安心してください。

 

近距離で料金を検証する

近距離の検証は「東京⇒同一区内」としました。

 

引越し近距離


近距離で安い引越しを考えるのでしたら、距離荷物の量
時期の3つが大切ですが、
特に近距離では引越業者の料金に違いがなかなか差が出にくいようです。

 

多少の料金の違いでしたら金額ではなく、
スムーズに引越しができることを一番にするのも手です。

 

引越し中距離引越し中距離引越し中距離引越し中距離時期

 

近距離引越し料金では料金に差がでにくいと言いましたが、
大手引越業者の提供している低価格の単身パックを基準にして計算してみました。

 

実際では、荷物の量少ない(ダンボール14個、小さめのコタツ1個、
小さめの本棚1個、布団袋1個)で検証してみましたが、
荷物にサイズがあったり、配送にも条件もありますので、
これをうまく使える人はやや限られた人のみのように思いました。

 

具体的には、平日のみボックスサイズのオーバーは1ミリでも不可
5キロ圏内、時間指定はできないなどの条件がどれをとっても厳しいものだからです。

 

管理人シバが一番気になったのは、
単身ボックスサイズより少し荷物が少しオーバーしたときの業者対応でした。

 

これに関しては引越業者によっても違いがあったのですが、
基本は1ミリでもオーバーすればアウトだそうです。

 

この対応策としましては、単身ボックスを2個にするか、
別プランからの選択となるそうです。

 

単身ボックスを2個の場合は、単純に料金が2倍となるそうですが、
引越業者によっては2個目のボックスから、
割引をしてくれる場合もありますので事前に相談してみると良いと思います。

 

単身パックのボックスサイズは決まっていますので、
なるべくこのサイズの範囲に収まるように荷物を考えることが、
料金を安く抑えるコツと言えそうです。

 

中距離で料金を検証する

中距離の検証は「東京⇒山梨県甲府」としました。

 

引越し中距離


中距離で安い引越しを考えるのでしたら、距離荷物の量時期の3つが大切なります。

 

特に中距離では引越業者の持っている配送システムに違いがでてきますので
しっかりと料金比較をすることにしましょう。

 

引越し中距離引越し中距離引越し中距離引越し中距離時期

 

なぜ、中距離の引越し検証を東京⇒山梨県甲府としたのかは、
東京からちょうど100キロを超える距離だからでした。

 

「基礎運賃を引越しに必要な時間、距離から計算する場合、
時間制では4時間と8時間で荷物を運ぶ距離が100キロメートル以内となり、
距離制では荷物を運ぶ距離が100キロメートル以上の場合を言います。」

 

とありますように、東京⇒山梨県甲府の引越しを中距離として料金検証をしてみました。

 

実際の料金見積もり比較では、
近距離の料金と比較してもその差はそんなに高くなく納得といった感じでした。

 

長距離で料金を検証する

長距離引越しでは「東京⇒福岡県福岡市」で料金検証してみました。

 

引越し長距離


長距離で安い引越しを考えるのでしたら、距離荷物の量時期の3つが大切ですが、
特に長距離では引越業者の持っている配送システムに違いがあり、
その結果として料金に差がつくこともあるようです。

 

引越し中距離引越し中距離引越し中距離引越し中距離時期

 

長距離、しかもかなり荷物の少ない単身引越しでしたので
料金見積もり結果にはかなり興味がありました。

 

基礎料金計算にもありました「距離が遠くなれば高くなる
と単純に考えていたからです。

 

なぜならば、距離が倍ですと、実費の部分のガソリン代金、高速代金、
そして作業員の拘束時間も倍になるからです。

 

ですが、長距離引越し料金比較を見ていただくとわかるとおり、
距離が倍以上になっていても料金は倍なっていません。

 

なぜなのでしょうか?

 

その理由は、引越業者は長距離のコストを下げる努力をしているからです。

 

単身パックのように決められたサイズのボックスを使用することで手間を省き、
他の方の引越荷物と同じトラックで運ぶ混載便を使用することでコストを安くしているからです。

 

長距離の配送部分だけを他の業者に外注したり、
引越業者ではいろいろ努力してコスト削減をしています。

管理人シバの一括業者見積もり業者ランキングとは

 

≪前のページへ  カテゴリーTOPページへ≫