訪問見積りで業者を同時に競合する

訪問見積りで業者を同時に競合する
最初の業者の訪問見 交渉 次の業者の待ち時間 次の業者の訪問
30分〜1時間くらい 30分くらい 1時間くらい 30分〜1時間くらい

 

訪問見積もり バッティング

 

引越しの訪問見積もりにかかる時間は、
単身引越しの場合でしたらトータルで30分〜1時間くらいではないでしょうか。

 

これは引越しをする荷物の量によって違います。

 

なぜならば、人によってワンルームでも荷物が少なかったり、
クローゼットに荷物がはいっていればそれも確認しなければならないからです。

 

一般的に、単身者の荷物の量はそんなに多くないので、
目視で荷物をチェックすることで終わる場合がほとんどのようです。

 

ここまでにかかる時間はせいぜい10分、15分くらいではないでしょうか。

 

その後ですが、見積もりの料金を確認して値段、サービスなどの交渉をすると、
さらに30分程度は見ておいたほうがいいでしょう。

 

引越し料金の交渉では、他の引越し業者の料金を引き合いに出したり、
交渉することになりますので、
相手が粘ればそれなりに時間がかかることになります。

 

また引越し作業での質問、疑問があるのでしたらそれなりの時間がかかりますのと、見積書に書いてあることの説明をされたらその分の時間も含めなければなりません。

 

それを含めても最大で1時間あれば、
完了することができるのではないでしょうか。

 

訪問見積もりは、他の引越し業者と競合させるために、
同じ日に何軒かの引越し業者と訪問見積もりをする方が多いようです。

 

このとき、最悪他の引越し業者とバッティングすることも考えられます。

 

できれば業者同士がかぶらないようにスケジュールを立てておきましょう。

 

訪問見積もりのスケジュールは、
次の業者が必ず時間通りに来てくれるわけではありませんので、
できたら1時間くらいの差を作ると良いと思います。

 

万が一、業者同士が鉢合わせしてしまうと、
かなり印象を悪くしてしまう恐れがあるのですが、
引越業者同士にしても他にも見積もりを出していることは
なんとなくわかりますのであとは最低限のマナーということです。

 

また、訪問見積もりをできないくらい忙しくて時間が無い場合は、
事前に「予定があるので何時までだったら大丈夫
ということを業者の営業に伝えておくと見積もり作業だけを早めに終わらせてくれます。

 

特に、契約を迫られそうになったときは「検討してから後日連絡します
と言っておけば普通はそれで納得して帰るものです。

 

訪問見積もりに15〜30分くらい
訪問見積もりの後での交渉に30分くらい
他の引越し業者の訪問見積もりまでにさらにプラス1時間くらい
が複数の引越し業者と無理なくできる時間スケジュールではないでしょうか。

 

スケジュールを事前に決めておくことは大切です。

 

効率よく引越し業者の訪問見積もりを比較するだけではなく、
自分自身も疲れるのを防ぐことができるからです。

 

訪問見積もりでの最低限のマナーとは

訪問見積もり バッティング

引越し業者の訪問見積もりをしてもらう際にも最低限のマナーがあります。

 

訪問見積もりをする方の多くは、
競合見積もりと言うことで取っている方も多いのではないでしょうか。

 

多くの方は、複数の引越し業者に相見積もりをしていることをつい隠してしまいますが、
相見積もりをされていることはうすうすと業者のほうでもわかっていますし、
隠す必要はないのです。

 

逆に、他の業者と相見積もりをしていることを相手に伝えれば、
他の業者のことを意識してサービス内容をもっとアップしようとしたり、
価格交渉にもそれなりに応じてくれるのではないでしょうか。

 

この結果として、引越し業者を断るにしても、
相手も理由がわかっていますのでとてもスムーズにいくと思います。

 

しかし、いくら相見積もりをしていることを隠す必要はないとはとはいえ、
同じ時間に同時に業者同士をバッティングさせて交渉することはやめましょう。

 

バッティングさせることでお互い競い合うからもっと値引きができる
という人もいますが、
実際は全く逆効果で業者の印象を悪くするだけなのです。

 

もし複数の引越し業者に訪問見積もりをお願いするのでしたら、
時間をずらすなどして訪問見積もりをバッティングしないようにしましょう。

 

また相手が引越し業者だからといって
横柄な態度を取るのもマナーが良いとはいえません。

 

確かに、お金を払うお客の立場なのですが、
だからといって偉そうな言葉遣いや暴言を言う人もいますが、
こういった態度は業者の気分を害してしまいますし、
マナーの悪い依頼者だと思われることがあるからです。

 

その結果、値引きなどのサービスも悪くなってしまうかもしれません。

 

ですので当然のことではありますが、
最低限のマナーを考えて誠実な対応を取るよう心がけることにしましょう。

 

★一括引越し業者見積もりを始める★

管理人シバが試してみたところ、SUUMO(スーモ)が提供している一括引越し業者見積もりサービス大手引越し業者をピンポイントで選ぶのに最適で、LIFULL引越しの一括引越し業者見積もりサービス赤帽便、地元密着の中小業者などに選ぶときに最適のようです。


要するに、自分スタイルに合わせて、ふたつの一括引越し見積もりサービスから自分に一番向いているサービスを使い分けることにしましょう。


いらないものをサッパリと省いて、自分に必要なこだわりのサービスだけは残す、これが費用を節約うえでも基本にもなります。


早速、自分流スタイルに合う方を選んで一括業者見積もりサービスを試してみましょう。


 


・ハトのマーク、ダック、赤帽、メリー、マーチ、日通の費用を比較

という方は、まずは無料で一括見積もり!

HOME'Sの一括引越し業者見積もり


・サカイ、アート、アリさん、アーク、隆星引越の費用を比較

という方は、まずは無料で一括見積もり!

引越し 単身パック


管理人シバも一括見積もりを利用しましたが、
よくあるしつこい営業攻勢を受けることは皆無でしたので安心してください。

 

≪前のページへ  カテゴリーTOPページへ≫

訪問見積りで業者を同時に競合するとは関連ページ

訪問見積もりで費用が安くなるわけ
単身引越しでの訪問見積もりとは、引越しでのトラブルを少なくするため、目視による荷物の量をチェックする方法です。これにより予定していたプランの荷物過多が原因によるトラブルが防ぐことができます。
訪問見積もりの準備
引越し業者の訪問見積もりの準備は、料金交渉ができるため費用を安くできたり、荷物の量でのトラブルを防ぐことができることからメリットも多いのですが、デメリットがあることも知っておくことが大切です。
訪問見積もりの注意点
訪問見積もりを失敗にない注意点とは、注意点をより知っておくことが大切となります。特に、無料サービスの段ボールやサービス品を簡単に受け取ってしまうことには注意をしましょう。