訪問見積もりの注意点

訪問見積もりの注意点とは

訪問見積もり

訪問見積もりをするときの注意点とは、
契約していない段階でダンボールなどの引越し資材をもらってしまうことです。

 

管理人シバの単身引越しの訪問見積もりをしたときも、
依頼した業者の営業は渡す気満々で引越し資材をかかえやってきました。

 

見積もりが終ったあとに、
これ無料ですのでダンボールを置いていきますね
と言って置いていこうとしたことがあります。

 

これは契約を確定するためと、
契約を断りにくくする営業の作戦なのです。

 

ダンボールなどの資材を受け取ってしまうと、
契約を断るとあとでダンボールの料金を請求されたり、
ダンボールがあるということは契約した証」と言って、
断る際にキャンセル料を請求されることもあるようです。

 

訪問見積もりにきた業者の営業がダンボールなどの引越し資材などを置いていこうとしたら、
引越し業者を検討中なので必要ありません」と簡単に断りましょう。

 

また、引越し業者から送られている見積もり書の内容も
できればすべて確認しておくことも大切です。

 

この引越し見積もり書には、作業内容、業者の所在地、保険の内容などが細かく明記されていたり、
あとで追加になるオプション料金のことなどもいろいろと書かれているものです。

 

これがほとんど書かれていない、もしくは料金だけしか書いていない見積書でしたら、
その業者とはなるべく契約しないようにしましょう。

 

なぜならばその業者は悪徳業者である可能性も高いからです。

 

また手付金などを要求してくる業者もいますので注意が必要となります。

 

自分に知識がないと相手の言うなりになってしまい失敗することになってしますので、
少しでも疑問を感じたならば、即対応できるようにしておきましょう。

訪問見積もりでチェックすること

訪問見積もり 片付け

引越しの訪問見積もりでは、
サービスが無料なのか有料なのかをチェックしておくことが大切です。

 

もしこれを怠ると引越し作業が終ったあとで、
有料分の請求書がくるかもしれません。

 

他にも、引っ越し資材ダンボール、紙テープ、布団袋
を無料にて提供している業者もあるからです。

 

資材には少しでもお金をかけたくない人にとっては、
どこまでが無料なのかを確認しておきましょう。

 

他にも荷物の破損トラブルに備えて
保険がどのようになっているかも確認
しておきましょう。

 

万が一の破損トラブルがあった場合、
保険に入っていなかったり、
保険の対象外になっていると自費で修理をしなければならないからです。

 

特に破損のトラブルで気をつけなければいけないものは、
パソコンなどの精密機械関係ではないでしょうか。

 

このパソコンは保険の対象になってれば修理ができるのですが、
その破損がデータに関することですと保障対象外となります。

 

ですので、パソコンは自分で運ぶようにしたり、
あらかじめメモリのバックアップなども取っておくといいでしょう。

 

あとは引越し当日の時間も聞いておきましょう。

 

これらは見積もり書にも書いてあることですが、
稀に書いてあることと言っていることが違うこともありますので確認しておきましょう。

 

もしトラブルになったときでも、
どちらに責任があるのかすぐに判断ができますので
けして相手任せにしないことが大切です。

 

それ以外でも、引っ越し単身パックではボックス単位での引っ越しとなるのですが、
同じようなボックスのため他の人のボックスと間違えたとか、
ボックスに鍵をかけることができないために貴重品が無くなったという話も聞いたことがあります。

 

これに対しては、ある引越業者によっはボックスを管理をしっかりとしていたり、
鍵がかかるボックスを使用していたりする場合もありますので、
この辺も同時に確認をしておくと良いのではないでしょうか。

訪問見積もりの注意点とは

トップへ戻る