日通海外引越しの「海外単身パック」とは

日通海外引越しの「海外単身パック」とは 目次
その1、日通海外引越しの「海外単身パック」とは
その2、日通海外引越しの流れ

 

日通引越しで無駄遣いはしたくない

という方は、まずは一括見積もり!

HOME'Sの一括引越し業者見積もりHOME'Sの一括業者見積もり

>>無料一括業者見積もりはコチラ<<

 

 

日通海外引越しの「海外単身パック」とは

日通 単身パック

 

日通海外引越しではいくつかのプランから選ぶことができます。

 

日本から海外へ引越」「海外に滞在中」そして「海外から日本へ引越」の種類です。

 

海外引越しの配送方法では「船便」と「航空便」の2種類からとなります。一般的には航空便より船便の方が時間はかかりますが料金は安くなります。

 

管理人がお勧めするのは、引越し料金を安くすることを考えて船便を使う単身赴任や留学に最適な専用ボックス プラン「日通 海外単身パック」から検証していくと良いと思います。

 

なぜならば「日通 海外単身パック」は、決まったサイズの専用ボックスに引越し荷物を積み込み1ボックス当たりの安い料金として計算されるからです。(写真は日通単身パックを参照)

 

ですが、このプランでは料金は安くなるのですが、引越し荷物のすべてを自分で梱包しなければならないサービスとなります。

 

自分の荷物の量やサービス内容を考えながら自分に合う引越しプランを選択していくと良いと思います。

 

日通 海外単身パック」では荷物の量に合わせて選ぶことができるようにLサイズSサイズの2種類から選ぶことができます。(日通単身パック写真を参照)

 

単身引越し 船便/単身引越し 航空便

単身赴任・留学に最適な専用ボックスとは
セルフパック・ミニ 船便 海外宅配便です。
セルフパック・コンビ 船便 引越し荷物が少ない単身の方におすすめです。
フルパック・スーパー 船便 ひとつの窓口で船便、航空便トランクルーム、国内引越のすべてに対応。

 

日通海外引越しの流れ

国内と海外の引越し作業はほとんど同じなのですが、少し違う部分もありますので大切な部分にはわかり易いように「」マークを付けました。

 

海外引越しの流れ
引越しの流れ その1 現地通関事情を確認
引越しの流れ その2 荷物の梱包
引越しの流れ その3 荷物を箱詰めし梱包明細を作成
引越しの流れ その4 ダンボールに「ダンボール貼付ラベル」と壊れ物が入っている「取扱注意シール」を貼る
引越しの流れ その5 必要書類の準備
引越しの流れ その6 日通がお荷物を引き取り
引越しの流れ その7 日通に代金をお支払
引越しの流れ その8 日通が船積み書類の代理作成
引越しの流れ その9 日通が海外まで船にて荷物を輸送
引越しの流れ その10 日通が海外での輸入通関を行う
引越しの流れ その11 日通が海外のお届け先まで配送

 

特に、海外の単身引越しですと料金の次に心配なのは破損の補償ではないでしょうか。

 

日本国内での配送物に対する取り扱いは丁寧なことで知られているのですが、これが海外となると事情が違ってくる場合もあります。

 

日通の海外引越では下記のような補償がされていますのでとても安心です。

 

これをお国柄という言葉で表現されることもあるかもしれませんが、日本人の常識ではとても理解できない取り扱いが普通ということもありますので、やはり保険や補償は事前にちゃんと確認をしておくようにしましょう。

 

また、表の説明にもありますように引越し荷物の補償に関しましては「補償限度額」というものがありますので、貴重品を配送してもらうときは万が一のことを考えて、それだけは自分自身で運ぶとか、しっかりと補償を付ける方法を選ぶ必要があります。

 

日通海外単身パック 補償限度額
海外単身パックS1基あたり 100万円(補償限度額)
海外単身パックL1基あたり 150万円(補償限度額)

 

≪前のページへ  カテゴリーTOPページへ≫