引越しを安くする方法

専業業者、兼業業者、どちらが安い?

 

専業業者、兼業業者の違いは、専業業者は一年中引越しばかりをやっているのですが、兼業業者は引越しが多い時期には引越し業者になり、それ以外では輸送業務などを中心に行っている業者が多いようです。

 

専業業者は引越しを専門に行っていることで、引越し業務に関しては優れている場合が多いようです。

 

たとえば、重量のある大きな引越し物を複数階にある目的の場所まで運び上げたり、お客の細かな要望に対応すべく多くのプランを持っていたり、長距離などの引越しに対応していたり、国外の引越しの対応もあったりで、いわば引越し専門のプロ的な感じです。

 

それに反して、兼業業者は特殊な引越しに対応できなかったり、お客の細かな要望に応えることができなかったりするのですが、兼業業者が提案しているプランに自分の引越し内容がピッタリでしたら、大手専業業者が真似できない引越し価格になる可能性が大きいようです。

 

兼業業者が提案している条件は、
自分の仕事にピッタリだったら安いよと言っていることになります。

 

つまり、専業業者で引越しを考えるより、余分な手間暇がかかるのが兼業業者ということではないでしょうか。

 

このような引越し業者探しでは、一括引越し業者見積もりを利用することで大きな威力を発揮します。

 

なぜならば、短時間に複数の引越し業者から見積もりを取る方法は、間違いなくこれ以外のサービスが存在していないからです。

専門業者、兼業業者、どちらを選ぶとメリットがあるの?

 

引越業者、レンタカー、どちらが安い?

引越業者、レンタカーの違いを知ることで、どちらを選べば安い引越しすることができるのかをまとめました。

 

パッと見ではレンタカー引越しを選んだほうが安く感じるのですが、レンタカー引越しには見えない部分で費用が掛かることもありますので、すべての経費をしっかりと計算してから決めることにしましょう。

 

他にも、費用以外の部分でいくつかの問題もあります。

 

引越しの作業、引越しでのリスク
そして、引越しでのトラブル、引越しの疲れです。

 

単身引越しはすべてをひとりでやることが多いですので、上記のことをお金を払うことで解決したいのかどうかです。

 

この判断に関しては、個別に違いがありますので、自分の場合はどうするのかを考えておきましょう。

 

単身引越しレンタカーリスクや経費の計算もまとめましたので、レンタカー引越しを少しでも考えている方には必見となります。

引越業者、レンタカー専業業者、兼業業者

 

大手、中小引越業者、どちらが安い?

よくある単身引越しでの悩みを解決しています。

 

引越業者、レンタカーでは管理人シバも、費用をとるか苦労をとるかで迷ったことがあります。

 

なぜならば、引越し業者は費用が高く、レンタカーは安いと、最初っから思い込みがあったからでした。

 

大手、中小引越業者、どちらが安い?

 

専業業者、兼業業者、どちらが安いページへ≫

引越しを安くする方法から選んでみました

引越しを安くする方法から選んでみました記事一覧

TOPへ