専業業者と兼業業者ではどちらが安い?

引越し業者 専業

 

 

専業業者と兼業業者ではどちらが安い?

 

引越し 体験

大手専業業者と、地元密着に多い兼業業者では、「どちらの引越し業者の料金が安いのだろう?」とよく聞かれる質問かもしれません。

 

大手専業業者と、地元密着に多い兼業業者とは、「そもそもどのように違いがあるのだろう」というところから、どちらの業者の引越し料金が安いのかを考えてみることにしました。

 

大手専業業者とは、引越しのみの業務で営業をしている業者のことをいいますので、難しい引越しに特化していたり、車種の豊富さ、引越しタイプの豊富さで選ぶならばこちらからと思います。

 

たとえば、重量のある大きな引越し物を複数階にある目的の場所まで運び上げたり、お客の細かな要望に対応すべく多くのプランを持っていたり、長距離などの引越しに対応していたり、国外の引越しの対応もあったりと、いわば引越し専門のプロ的な感じが大手専業業者です。

 

専業で業務を営むことからそれ以外にも様々なメリットを持っている場合があり、引越し用の梱包資材や運搬用の特殊機材などを自社で開発していることも多く、他にもちょっとイレギュラーな引越しの場合でも対応が可能なことがあり、その点でも安心して引越し作業を任せることができます。

 

その一方で地元密着に多い兼業業者とは、引越し繁忙期には引越しを行い、引越し閑散期には輸送業務などを行うような業者とか、引越しの注文があった時のみ、引越し業務を請け負う形の引越し業者をいい、引越しだけに特化しているわけではないことから、難しい引越しを依頼するというより、一般的には単身引越しのような荷物の少なめの荷物を運ぶだけという引越しに向いているようです。

 

この兼業業者の場合は、日常的に引越しを行うわけではないため技術面での不足がある場合も多いのですが、その一方で無駄に広告などの経費がないために価格が安いなどのメリットがあることも特徴となります。
どちらにしてもメリットデメリットに違いがありますので、そこのところを理解して、自分の引越しがどの引越し業者に向いているのかを検討することで引越し費用をより安くすることができます。

 

あとは一括引越し業者見積もりサービスを実際に活用してみましょう。

 

なぜならば、一括引越し業者見積もりサービス(引越し侍)を利用することで、大手専業業者、地元密着の兼業業者の両方からの引越し業者相見積もりを取ることができるからです。

 

早速、管理人シバは、この一括引越し業者見積もりサービス(引越し侍)を試してみたのですが、下記のようにおススメの引越し業者を大手専業業者、地元密着の兼業業者の別に表示されました。

 

「うんうん、ちょっとこれはいいぞ」と管理人シバは思いました。

 

大手専業業者、地元密着の兼業業者が別々にランキングされていることから、二つの業態にわけてそれぞれアプローチをすることが出来るからです。

 

引越し侍 ランキング

 

けしてランキング1番だから一番良いということにはなりませんが、単身引越しを予定しているならば「専業の大手引越し業者」と「地域に密着した引越し業者」の2つの区別に注意することが大切です。

 

荷物が多い、距離が遠い、などのような少しイレギュラーな単身引越しですと大手引越し業者を選んだ方が良い場合があり、そうでない普通の単身引越し(荷物が少ない、距離が近い、女性の引越し)をするならば「地域に密着した引越し業者」を選ぶ方がメリットが大きいなどのメリットもあるからです。

 

管理人シバの専業、兼業業者の業者の選び方をレビュー

 

実際に、管理人シバは「どのようにして大手専業業者、地元密着の兼業業者の区別をして業者を選んでいったのか」をレビューしてみました。

 

管理人シバは、前回の引越し経験をしたときに、大手専業業者と地元密着の兼業業者の違いが気になっていたからです。

 

なぜならば、地元密着の兼業業者をうまく使うことができたならば、引越し費用をもっと安くすることができるのではないかと考えたからでした。

 

その意味で引越し侍のサービスは、大手専業業者、地元密着の兼業業者を区別させてランキングをしていることから、今まで以上に地元密着の兼業業者を比較しやすくなったといえるのではないでしょうか。

 

ですが、実際に地元密着の兼業業者を調べていくとわかると思いますが、地元密着とはほんとに地元ということで地域が限定されていたり、ちょっと荷物が多くなるとそれにピッタリのトラックが無かったり、遠距離の引越しをするのが難しかったり、時期によっては引越しができないということもあるようでした。

 

その反面、地元や地域が限定されていることは、その地元での評判を気にすることになり、とても評判が良い業者だったり、荷物が多くなると難しいということでは荷物の量がピッタリだったら逆に使いやすい業者だったり、地域限定、荷物の量限定、近距離限定、時期限定でOKならば引越し料金が安くなるかもしれないということだったりしたならば、その業者サービスに自分の引越し内容が合っているのかどうかだけでもチェックしてみても良いのではないかというのが管理人シバの意見です。

 

今回の管理人シバの引越しは、単身引越しより荷物の量が多いということと、解体と組み立てが難しいイケヤ家具が多くあったこと、マンション一括入居という特別な環境での引越しだったことで、「地元密着の兼業業者の選択は難しいのかな」と思った次第です。

 

逆に、地元密着の兼業業者に引越しの依頼をすることで迷惑をかけることになるかもしれないことも考えました。

 

そんな理由から、管理人シバは地元密着の兼業業者の選択は諦めて、多少のイレギュラーにも対応できる大手専業引越し業者の中から選ぶことになりました。

 

大手専業引越し業者の中から選んだ引越し業者は2社でした。

 

  1. サカイ引越センター
  2. アリさん引越社

 

もちろん、大手専業引越し業者の中からの選択であっても費用を安くすることを考えましたので、しっかりと相見積もりを取って、料金の比較、イレギュラー料金(荷物の量が多いこと、マンション一括入居で難しいこと)、オプション料金(イケヤ家具の解体組み立て)の比較をしました。

 

その結果となりますが、イレギュラー料金、オプション料金の料金比較をするために自宅見積もりで比較することになりました。

 

自宅見積もりとは、自宅に来てもらって最終見積もりをする方法です。

 

どちらの大手専業引越し業者に決めるのかは、自宅に来る前の時点ではまったくわかりませんでした。

 

管理人シバは、同時に2社の見積もり価格を比較したいことから、時間をずらすして自宅見積もりをしてもらうことにしました。

 

最初に、自宅見積もりに予定したのはサカイ引越センターでした。

 

サカイ引越センターの営業は、「安くしますよ、大丈夫ですので安くなりますよ」と、安くなることを連呼して自宅にやってきました。

 

自宅で荷物の量、家具をチェックしてから見積もり料金を出して貰えました。

 

その結果はあとで連絡をするということで、その日は帰ってもらいました。

 

次に自宅にやってきた業者はアリさん引越社でした。

 

サカイ引越センターと同じように、荷物の量、家具の数をチェックしてから見積もりを計算していました。

 

「サクッと見積もり計算をだすかな」と思っていたのですが、意外と計算に時間をかけていたのを覚えています。

 

そして、「見積もり料金は○万円です」と答えました。

 

ついでに、イレギュラー料金とオプション料金のことも質問してみました。

 

すると、「イレギュラー料金に関しては見積もり金額に込みとなりますが、オプション料金でのイケヤ家具に関しては、解体は無料ですが組み立てはできません」と言われました。

 

この時点での見積もり計算比較は、サカイ引越センターと比べて4万円マイナスでしたので、安い料金を提供したアリさん引越社に決めたわけです。

 

後日談となりますが、イケヤ家具の組み立ても当日の作業員に無料でやってもらえたことと、荷物が多かった心配に関しては、2トントラック一台で収まらなかったことからもう一台のトラックが応援に来てもらえたことと、作業員も2名増員してトータルで4名となり想定以上のサービスを受けました。

 

もちろん、自宅見積もりで料金を決定していたことから、見積もり金額が増額することはありませんでした。

 

あくまでも、荷物が多い、マンション一括入居のイレギュラー、イケヤの家具の解体組み立て多いオプションがあった管理人シバの引越し内容だったことからこのような選択となったわけですが、荷物が少なく、距離も近いというような単身引越しをするのならば、地元密着の兼業業者も選択対象に入れてしっかりと比較することで引越し費用を安くすることができるのではないでしょうか。

 

レンタカーと引越し業者(専業業者と兼業業者)ではどちらが安い?

 

「レンタカーと引越し業者(専業業者と兼業業者)ではどちらが引越し費用を安くすることができるの」という質問をよく聞いたことがあります。

 

管理人シバが思いますに、レンタカーと引越し業者(専業業者と兼業業者)では引越し業者を選ぶほうがお得に、安くできることもあるようです。

 

たとえば、引越し業者で引越しをすることは旅行で言えばパッケージプランに参加するようなもので、レンタカーの引越しではバックパッキングの旅みたいなものかもしれません。

 

つまり、パッケージプランのような引越し業者では、自分の単身引越しの依頼をすると手取り足取りで目的を達成することができるのですが、バックパッキングの旅のようなレンタカー引越しですと、すべてのりクスを自分で背負い、スケジュールからなにからなにまで一人でやるという感じでしょうか。

 

どちらが安くなるのかという意味では、工夫によってレンタカーの方が安くなると思えるのですが、それはあくまでも何もなかった時の話で、万が一のことが起きると逆に高い引越費用になることもあるわけです。

 

管理人シバがレンタカー引越しをした時のレビューをもとに、引越し業者との対比で費用のことを考えてみましたのでぜひ参考にしてください。

 

レンタカーで単身引越しをする場合の費用とは

 

レンタカーで単身引越しをする場合の例として単純に計算をしてみました。

 

レンタカー屋さんでトラックだけを借りる費用は、トラック850sタイプ3時間のレンタル料金ですと、基本料金5250円+保険1050円=6300円(2017/1月時点)くらいになりますが、このほかにも必要となる費用があります。

 

ガソリン代金(満タン返し)、高速代金、駐車代金(必要あれば)、養生の費用、ダンボール費用、トラックの幌(天候が悪ければ)、台車などに必要なお金がかかります。

 

あと、イレギュラーな出費は、友達に手伝いを頼むのでしたら、友人の食事代金、引っ越しが終ったあとの呑み代金、お礼も必要な場合があるようです。

 

管理人シバのレンタカー引越しでは、ロープのかけ方、荷物を積む順番と積み方、などを事前にインターネット動画で学ぶこともしていました。

 

また、慣れないトラックの運転では事故のリスクもありますし、重い荷物を荷台に持ち上げるのも腰などに負担がかかります。

 

その中でも一番不安に思ったことは、当日の天候の変化に関してでした。

 

万が一、引越し当日が雨ですと、トラックに取り付ける幌が必要になりますので、この辺のことを大手レンタカー会社に確認してみました。

 

すると、「幌に関しては幌が付いているトラックを貸し出すようにしていますが、もし幌付きのトラックの在庫がなければあとは自分でなんとかしてください」とのことでした。

 

ついでに、引越し作業でトラックを使うことを告げて、荷物を運ぶ台車の準備があるのかを聞いてみました。

 

「台車に関しては何台かの準備はしてあるのですが、万が一在庫がなくなっていたらその時は自分で何とかしてください」と同じような答えが帰ってきました。

 

つまり、レンタカー会社では「トラックを貸すだけで、それを何に使うのかの準備は当社ではなく自分でやってください」ということが基本のようでした。

 

最近では、単身引越しに特化した引越し向けのプランを用意しているレンタカー会社もあるようですが、このような会社ですと普通のレンタカー会社より割高の費用となるのが一般的です。

 

さらに、友達に手伝いを頼む場合の費用もバカにはならないようです。

 

レンタカー引越しをした場合、手伝いをしてくれた友人には食事代金+交通費を含めて一人当たりおよそ3000〜5000円程度の謝礼を包む事になったり、引越しが終った後には皆で打ち上げをしたりとお金がかかることがあるからです。

 

その一方で、引越業者に依頼した場合にはそれなりの費用はかかるものの、レンタカー引越しと比べてトータルではそんなに費用の差がなかったという話を多く聞いたことがあります。

 

自分の身体が疲れて、事故のリスクを背負って、費用がそんなに変わらないのならば、引越し作業をすることが趣味でなければ、なぜこんなに意味のないことを今までしてきたのか管理人シバは疑問を感じたからでした。

 

それまでは、管理人シバもレンタカー引越し一本でやっていました。

 

だからわかるのですが、どんなに疲れようと、どんなに汗をかこうと、どんなに危険なリスクがあろうと、レンタカーを借りてきて一人でやる引越しは、効率的ではないにしても費用に関してのメリットは大きいと信じ込んでいたからでした。

 

「目から鱗」という言葉もあります。

 

管理人シバは、この言葉の意味を、初めてレンタカー引越しでわかったという感じでした。

 

あと、管理人シバが以前住んでいたマンションでレンタカー引越しをしていた人が、マンションの下がり天井部分に、荷台のアルミパネル上部をぶっけてしまった目撃をしました。

 

どうしてそのような事故になったのか調べてみたのですが、その天井には高さ制限の表示もなく、夜でしたのと、疲れが重なり、ついうっかりと起こした事故のようでした。

 

たぶん、保険に加入しいると思うので賠償責任にならないと予想できましたが、それにしても、この事故でもっと疲れる単身引越しになったのではないでしょうか。

 

 

引越し業者(専業業者と兼業業者)で単身引越しをする場合の費用とは

 

一人暮らし 引越し

 

引越し業者とレンタカー引越しの費用の比較料金を知るには「引越し侍」という一括引越し業者見積もりサービスを活用してみることが一番の近道です。

 

まずは、自分の単身引越しに合うおおよそで大丈夫ですのでレンタカー引越しと比較するために引越し業者の見積もりを出してみるところから始めましょう。

 

実際には、引越し業者の見積もり料金を確定できる自宅見積もりまで踏み込んで比較をすると、より正確な費用がわかります。

 

その結果、引越し業者とレンタカー引越しのどちらを選んだらお得になるのか、安くなるのかがわかるのではないでしょうか。

 

また、引越し業者を利用して単身引越しをする場合、レンタカー引越しと違うのは提示される金額より追加で経費がかかることがないことです。

 

引越しの作業も相手に任せることができますし、雨が降っても、車が運転できなくても引越しを完了することができるメリットがあることも計算に入れておきましょう。

 

引越し作業に関しては、自分で梱包をするタイプを選んだのならば、あとはひたすら段ボールに自分の引越し荷物を詰めまくる作業以外になにもすることがありません。

 

家にいて作業をするだけですので、事故に合う危険もありませんし、腰が痛くなるということくらいでしょが、だからとって引越し業者の作業員が荷物を運ぶために引越し日の延期をすることもないわけです。

 

ですが、どうしてもレンタカー引越しのことが気になるというならば、あらかじめレンタカー代金、他に経費となる費用の合計を自分の引越しに合わせて計算してみることにしましょう。

 

これがレンタカーで引越しをした時の費用となりますので、この費用と引越し業者に依頼した時の費用を比較してみればどちらが安いのか、お得なのかもわかるのではないでしょうか。

 

どちらの方法を選ぶにしてもハッキリ決めること大切です。

 

なぜならば、余計なことは考えないで大変な引越し作業に全力で集中をするためです。

 

 

距離が遠い近いの引越しでは専業業者と兼業業者のどちらが安い?

 

単身パック

 

「距離が遠い近いの引越しでは大手専業業者と地元密着の兼業業者のどちらが安い?」です。

 

それの答えを出す前に考えることがあります。

 

「大手専業業者と地元密着の兼業業者は業態としてどのように違うのか」です。

 

距離が遠いいという条件では、距離が遠くても対応をすることができる引越し業者を選べばそれが正解ということになり費用も安くなります。

 

兼業業者は、最初っから地元密着と言っていますので近距離専門の業者が多いようです。

 

そのため、所有している車両も近距離の向いた車種が多いこと、遠距離に引越しするための方法を持っていないことから、このような業者の遠距離の引越し依頼をするとかえって高い費用になってしまうこともあるようです。

 

それに対して、大手専業引越し業者は「日本全国規模の引越しネットワークがあること」が大きな違いとなります。

 

大手専業引越し業者のネットワークは、全国沖縄から北海道までのすべての地域で、同じ品質の引越しを提供しています。

 

一部の地域を除いて、全国どこの引越しでも安心して任せることができるのが大手専業引越し業者の強みだからです。

 

また、大手引越し業者では、長年引越しを専業として手掛けていますので、引越し依頼者のサービスを向上するために多種多様なオプションサービスを提供していたり、引越しする距離が遠いい場合は、遠距離に対応できるような多種多様な車両や引越し方法を持っているため、結果的に引越し費用が安くなることもあります。

 

距離が遠いい場合は、大手専業引越しによっても引越し対応の方法に違いがありますので、遠距離の対応に効率のよい方法を持っている業者を探すために相見積もりを取ることが有効的です。

 

距離が近い引越しでは専業業者と兼業業者のどちらが安い?

 

距離が遠いい引越しをするときは大手専業引越し業者がやや有利でしたが、距離が近い引越しに関しては、大手専業業者と地元密着の兼業業者のどちらが有利とは一概に言うことができません。

 

なぜならば、最近では大手専業業者も近距離に向いた単身引越しプランをいくつか持っていることがあるからです。

 

特に、このようなサービスは、単身パックというプランでも知られていますが、他にも、荷物の量の違いから「超ミニ単身引越し」、「ミニ単身引越し」、「単身引越し」を選べたり、車両、作業員数、などの選択もできて費用の方も安くすることができるからです。

 

多くの引越し業者では、荷物の量と家具に点数で費用が決まることを考えると、できるだけ引越し荷物の量を少なくするようにしましょう。

 

荷物の量が少なくなればなるほど、それに対応する安いプランを選ぶことができますので、その分引越し費用を安くすることができるということです。

 

荷物の量の多い少ないで迷うなら専業業者と兼業業者のどちらが安い?

 

「荷物の量の多い少ないで迷うなら専業業者と兼業業者のどちらが安い?」ということです。

 

荷物の量の多い少ないは引越し費用に大きく関係してきます。

 

距離を関係なしに、荷物の量だけで引越し業者を選ぶことを迷うならば、荷物の量の多い少ないのどちらでも対応できる大手専業引越し業者が有利のように思います。

 

ですが、荷物の量も専業業者と兼業業者に関係なく対応できることもありますので、このような時はどちらからも相見積もりを取ることが正解のようです。

 

とりあえず、一括引越し業者見積もりサービスを提供している引越し侍から相みつを取り検討することにしましょう。

 

専業業者と兼業業者ではどちらが安い?

サイトマップ Copyright © 2020 単身引越しを安くする満足の引越し業者選びAll Rights Reserved.