単身引越しを安くするためにすることとは

単身引越しを安くする満足の引越し業者選び

引っ越し 単身パック

引越し単身パック

引越し 単身パック

引越し侍

最初に単身引越しでやる作業のこと

単身引越し 作業
単身引越しを予定している方が「どうしたら安い引越しをすることができるのか」を実現するための有益な情報公開発ブログです。

 

管理人シバの単身引越しでのレビューを元に、新しく気が付いた情報も盛り込むことによって精度が高く、誰でも実現できる内容となっています。

 

最近、管理人シバが思うことは、単身引越しをされる方、特に初めて引越しをされる方は、「忙しい、暇がない」という理由から引越しの情報が少なく、それゆえに引越し費用に関しては大きな損をしているのではないかということです。

 

「どうやったら引越しを安くできるの?」、「どうしたら業者の営業マンと上手な交渉をすることができるの?」、この辺の誰でも悩むことを解消する情報ブログとしてまとめてみました。

 

引越し初心者の方でも肩の力を抜いて引越し費用を安くするためのノウハウを知ることができます。

 

まずは、「すぐやる引越し準備」、「後でやる引越し準備」のふたつに区別してみるところから始めていきましょう。

 

効率的にふたつに区別は、「引越しチェックシート」を上手に活用するところから始めます。

 

引越しチェックシートを見ていただくとわかるとおり、引越し当日までの引越し準備を時系列でならべてありまあすので、あとはこのチェックシートの沿って始めていきましょう。

 

できましたら、期日までにやらなければいけない項目もありますので、引越しスケジュール表をプリントアウトしておいて、どんどんやった項目にチェックを入れて作業を進めていくと、より効率的に準備をすることができます。

 

引越しチェックシートを見ることでだいたいの引越し準備の流れがわかったら、次は引越し荷物の量をなるべく少なくことに集中しましょう。

 

引越しの荷物の量を減らすことで、確実に引越し費用は安くなるし、引越し作業の負担も軽減できるからです。

 

 

一括引越し業者見積もりと自宅見積もりとは

単身引越し 一括見積
引越しチェックシートから引越しスケジュールが決まり、引越し荷物の量も減らすことできたら、、次にやることは一括引越し業者見積もりサービスの活用です。

 

引越し費用を安くするためには必要なサービスとなりますが、一括引越し業者見積もりサービスを活用することで、複数ある引越し業者から相見積もりを取るというものです。

 

つまり、簡単に言えば自分の引越しでの目安(相場)を知るためのものです。

 

昔ですと、自分の引越しの相場を知るために一軒一軒引越し業者に見積もり価格を聞きに回って比較するという大変手間のかかる作業でしたが、今ではインターネットを利用することでボタンひとつで複数の業者から相見積もりと取れますので、この便利なサービスを上手に活用することで引越し費用を安くすることにしましょう。

 

一括引越し業者見積もりのサービスの使い方は簡単で、自分の引越し詳細を1回だけ入力することで複数の引越し業者から見積もりが送られくるというものです。

 

あとは、複数の引越し業者の見積もり価格を比較して一番安い引越し業者を選べば良いというわけですが、実際はそれだけでは足りません。

 

なぜならば、見積もりを送ってくる引越し業者は、実際の現場の荷物の様子を見ていないことで細かい見積もり計算をすることができないからです。

 

実際の引越し見積もり金額は、現場の状況によって計算が違ってくることから、あとでイレギュラーな追加料金が発生したり、場合によっては高いオプション料金を払うことになることもあるからです。

 

ですので、一括引越し業者見積もりのサービスで提供された見積もり金額は「目安」くらいに考えておくと良いでしょうか。

 

では、「どのようにしたら正確な引越し料金を知ることができるのか?」ですが、直接自宅に引越し業者を呼んで現場の荷物の量を確認した上で見積もり金額を計算するという自宅見積もりのサービスを利用することにします。

 

できるだけ早い段階で、「一括引越し業者見積もりのサービス」「自宅見積もりのサービス」を試すことで、引越し枠を確定できたり、余裕をもって交渉をすることができますので、頑張って手順に沿って作業を進めていくことにしましょう。

 

  • 次の引越し作業でやること
  • 一括引越し業者見積もりのサービスを活用する。
  • 自宅見積もりのサービスを活用する。

 

引越し費用を安くする対面交渉のやり方

単身引越し 交渉
「一括引越し業者見積もりのサービス」では、パソコンの画面を見るだけの作業となり、「自宅見積もりのサービス」では、担当の引越し業者営業が自宅に来て見積もりを計算しまする対面での交渉となります。

 

多くの引越し初心者の方は、対面での交渉を伴うことことから、「対面はちょっと苦手」、「対面は難しい」と思う方もいるのではないでしょうか。

 

実際では、対面交渉をすることで見積もり金額が安くなったり、思ってもいなかったメリットもありますので、難しいと思わず上手に交渉をするやり方を知っておくことにしましょう。

引越し業者と対面で交渉するやる方の詳しくはこちら?

 

また、正確な引越しの費用を知ることは、他の引越し業者と交渉をすることになったとしても大きな武器になるからです。

 

    引越し費用を安くする対面交渉とは

  • 一括引越し業者見積もりサービスの活用で自分の引越し料金の目安を知る。
  • 自宅見積もりサービスの活用で正確な自分の引越し料金を知る。

 

自宅見積もりサービスでは交渉を有利に進める工夫をする

単身引越し 自宅見積もり
一括引越し業者見積もりを活用し、自宅見積もりサービスを活用することになったわけですが、自宅見積もりサービスでは、対面での交渉となることから、「対面はちょっと苦手」、「対面は難しい」と思う方が多いようです。

 

この対面交渉を上手に対応することができるように工夫をしてみました。

 

管理人シバの交渉での工夫とは、「前回もそちらの会社に引越し依頼をしたことがあるので今回2回目だから割引あるよね」とか、「引越し前に使わなくなった家具、服、家電を中心に処分して荷物を減らした」とか、「引越しの時期、曜日、時間を混雑しない安い枠にした」とかでした。

 

ですので、相手の営業マンと直接交渉をして勝ち取ることをするわけではないので、どうぞご安心ください。

 

「エ〜ッ、そんなことも交渉っていうの?」と思われるかもしれませんが、相手と戦って自分のメリットを増やすわけではなく、トータルで引越しが安くなることを目的にしていますので、管理人シバはまさにこれでいいかと思います。

 

専業引越し業者と兼業引越し業者を比較する

 

管理人シバは、大手専業の引越し業者地元密着の兼業引越し業者、を上手に比較することで引越し費用をもっと安くできるのではないかと思いました。

 

専業引越し業者とは、大手引越し業者のように引越し業務だけに特化してる業態をいい、兼業引越し業者とは、物流と引越しを兼業しているような業態のことをいいます。

 

どちらが安くなるのかでは、ケースバイケースなのですが、よりイレギュラーな引越しとか専門技術を求める作業には専業業者を選ぶことベストなのですが、近場、単身引越しで荷物が少ない、などのイージーな引越しには専業業者の方が安くなることが多いようです。

 

ですので、自分のどちらの引越しに該当するのかを考えることが大切になります。

 

管理人シバの今回の引越しでは、単身引越し+アルファーの荷物の量、距離は近場、難しいと言われるイケヤの家具が多いこと、マンション一括入居となるため同時に引越しする人が多く難しいことでした。

 

つまり、単身引越し+アルファーの荷物の量、距離は近場では兼業引越し業者を選んでも良いかなと思いますが、難しいと言われるイケヤの家具が多いこと、マンション一括入居ではイレギュラーな内容となるため専業引越し業者の方が向いていると考えました。

 

そのあと、管理人シバは、専業引越し業者の「アリさんマーク引越社」と大手「サ○○引越しセンター」のふたつからも比較しました。

 

同じ専業引越し業者でしたが、「料金に違いがあるかもしれない」と思ったからです。

 

その結果となるのですが、「イケヤ家具の解体にオプション料金がかかること」、「マンション一括同時入居のため荷物の搬入が難しいことでオプション料金がかかること」の2点が最後まで引っ掛かり、同じ大手専業業者でしたが、引越し料金を計算してみると6万円以上の差があることから「アリさんマーク引越社」に決めたというわけです。

 

「アリさんマーク引越社」では、心配していたイケヤの家具に関してのオプション料金がかからず、マンション一括のオプション料金もかからないことからの差というわけでした。

 

「専業業者の料金比較もしてよかった」、という感じの費用差になりました。

 

大手専業引越し業者の○○さんの営業マンが言っていた言葉が今でも忘れません。

 

「うちは安いですよ、うちは安くしますよ、うちは安いのでいつでもご連絡をください」を繰り返していました。

 

確かに、営業で仕事を取ればすべてOKなのでしょうが、実行がともわない営業姿勢には残念という感じでしかありませんでした。

 

最後となりますが、管理人シバの場合は、荷物の量が単身+アルファ、イレギュラーな引越しでしたので専業業者という選択になったのですが、もし荷物が少なかったりするならば兼業引越し業者の選択もアリということで、専業兼業のどちらからも比較することをおススメします。

 

    専業引越し業者と兼業引越し業者を別々に見積もり比較をする

  • 専業引越し業者と兼業引越し業者を別々に比較検討する
  • 専業引越し業者と決めても専業同士でも比較検討する

 

特典、キャンペーン、割引、インターネット割引、早期割引をチェックする

単身引越し サービス
これも引越し費用を安くするための大きな味方となる項目です。

 

引越し業者が提供している、「特典」、「キャンペーン」、「割引」、「インターネット割引」、「早期割引」、などではいろいろなお得なサービスを準備していることが多いようです。

 

費用が安くなるだけではなく、何かのお得なサービスがあるならば貰っておくほうがお得になるに決まっているからです。

 

引越し業者選びが決まり、あとは契約となる前に、このようなお得な特典サービスがあることをホームページで必ず確認しておきましょう。

 

なぜならば、業者の営業マンはこのような特典サービスがあることを教えてくれることはないからです。

 

知らなければ、せっかくの特典サービスをまったく貰うことができなくなります。

 

さらに、多くの特典サービスの提供を知っていたとしても相手に申告しないと無効になる場合があることです。

 

    特典、キャンペーン、割引、インターネット割引、早期割引をチェックする

  • 業者ホームページで特典サービスがるのかを確認しておく。
  • 「割引」、「インターネット割引」、「早期割引」、「単身パック」、「業者の日程をお任せ割引」などいろいろな特典サービスを用意している場合があるからです。

  • 抱き合わせ特典サービスもチェックする。
  • 抱き合わせとは、光電話などと引越しを抱き合わせにして契約することです。
    特徴は、抱き合わせをすることで引越し料金をかなり安くすることができるのですが、問題はその抱き合わせの内容が自分にあっているのかどうかです。
    ほんとに自分に必要なサービスなのかどうかをじっくりと検討して契約することにしましょう。

 

管理人シバの引越しはアリさんマーク引越社で決まりでした。2019年夏

 

アリさん 段ボール イケヤ 引越し

 

単身引越し アリさん

管理人シバの引越しをレビューです。

管理人シバは、2019年8月末に単身+アルファの荷物の量の引越しをしましたが、引越しって何度体験してもいろいろな学びみたいなことがあるようです。

 

管理人シバの引越し内容は、単身+アルファくらいの荷物の量と自転車でも5分くらいの場所への近場距離への引越しでした。

 

まず、管理人シバが始めたことは「一括引越し業者見積もり(引越し侍)」を活用して複数の引越し業者から相見積もりを取るという手順から始めました。

 

下記に、管理人シバが引越しを進行していったときのメモを載せましたので参考にしてください。

 

管理人シバの引越しメモ

〇引越し予算では荷物の量の多さを考えて7〜8万円を希望料金とする。

 

引越し業者選びでは、大手専業引越し業者のほかに中小兼業引越し業者を別々に比較検討していく。

 

大手専業引越し業者では2社程度をピックアップする。

 

中小兼業引越し業者では2社程度をピックアップする。

 

最後に、大手専業引越し業者、中小兼業引越し業者を別々に比較して、大手専業引越し業者に決めたとしても大手専業業者同士でも比較してから決めるようにする。

 

実際に一括引越し業者見積もりの相見積もりをした業者で、これを基本に比較検討していく。

 

大手専業引越し業者の選択肢
・アリさん=連絡OK 〇
・moving=連絡できず ×
・アート=連絡できず ×
・さかい=連絡OK 〇

 

中小兼業引越し業者の選択肢
・アップル引越センター=連絡できず×
・わくわく=7月に訪問見積もりの予定 〇
・人力引越社=関東支社 6月に連絡をする。見積もり金額その他のオプション料金の関係で△
・ガッツムービングサービス=再度連絡を7月上旬にする。〇
・隆星引越センター=再度連絡を6月中旬にする。〇 

 

希望引越し日は、8月の19日〜30日を予定、日にちが決まったら早めに訪問見積もりを依頼する。

 

反省点:6月頃、各引越し業者に連絡をしてみたところ、早すぎるということで対応してもらえなかった。再度仕切り直して時期を7月後半くらいを予定する。

 

引越し日
・8月29日木
・8月30日金
費用の安い平日で選んでみたところ、上記の2つのから選べることになったけど、どちらの日程が安いのかをもう一度確認してみる。

 

8月ということでやや引越し繁忙期であることから、費用を安くすることを考えてお盆の時期を外したり、月末くらいに予定日を決めるようにする。

 

日祝日と朝一便も外して引越し費用が安い方を選ぶ。

 

料金の安い順番の時間枠で決める

 

早朝便は料金が高いので3ワク目の安くなる時間帯を希望する。

 

3ワク 2時〜5時まで

 

家に置いてあった使わない家具、ゴミを処分するリスト
・アルミホイール4本。=出張買取業者に連絡をする。
・壊れた自転車1台。=粗大ごみ事務所に連絡をする。
・使い古しのテーブルとイスと鏡。=粗大ごみ事務所に連絡をする。
・壊れてきていたベットとマットを処分する=粗大ごみ事務所に連絡をする。
・汚くなったゴミケース。=引越し前日に処分する。
・使わない古いPC。=無料引取り業者に連絡をする。
・着なくなった服を分別して廃棄する。

 

引越し業者の割引、特典を個別にチェックする
・特典割引の20%割引ってどのような内容なのかをチェックする。
・前回も利用した割引。アリさん引越し社では前回も使用したので割引はあるのかをチェックする。
・近いため引越し料金がどのくらい安くなるのかをチェックする。
・前回から少しか家具が増えてないので安くなるのかをチェックする=アリさん引越し社に質問。
・無料段ボールはいつもらえるの?余分にもらえるの?をチェックする。

 

アリさん トラック アリさん 養生

 

以前、お世話になったことがある大手専業業者の「アリさん引越社」と、今回初めての大手の「サカイ引越センター」に相見積もりを依頼しました。

 

その結果、選んだ引越し業者は「アリさん引越社」となりました。

 

その理由は、「アリさん引越社の方が安かった」ということなのですが、アリさんはqueenベット解体(イケヤ)無料、組み立ては自分、照明の外し、取り付けは無料、サカイは上記の金額に解体費用として+4万円と言われました。

 

イケヤの家具の取り扱いに関しては、アリさん、サカイともに難しいと言っていましたが、会社によって取り扱う料金に差があることは知りませんでした。

 

ちなみに、アリさんでは「ベット解体(イケヤ)無料、組み立ては自分」といわれていましたが、当日の担当作業員によって無料でベットの組み立をしていただいたことも書いておきます。

 

私だけのことかもしれませんが、アリさんは引越しの仕事に積極的に感じられましたが、サカイさんはちょっとめんどくさい感じの印象を受けました。

 

だからといってどちらが良いのかと言っているわけではありません。

 

たまたま担当した方にはずれがあったということもあるからです。

 

管理人シバの引越しで、オプション、イレギュラーの件で悩んだこと

 

アリさん 女性スタッフ アリさん トラック満載

 

単身引越し 悩み
アリさんの見積もりは、トータルで納得できる金額だと判断したことと、以前仕事を頼んだことがありましたので安心して任せることができると思ったことです。

 

今回は、以前の引越しのときから気になっていた兼業引越し業者を加えてみることで、比較検討をするのですがその結果に今から楽しみかもしれません。

 

あと、専業引越し業者と兼業引越し業者のふたつの業態をハッキリと区別して相見積もりを取るようにしました。

 

専業引越し業者と兼業引越し業者を区別した理由は、費用が安くなることに尽きます。

 

その結果となるのですが、費用を安くすることを考えて専業大手引越し業者で決めました。

 

なぜ、大手引越し業者にしたのかと言いますと、管理人シバの引越しにはオプションの件、イレギュラーの件が多々あったからです。

 

この判断は、費用のことと言いますより、「オプションの件、イレギュラーの件があり、逆に引越し業者に迷惑がかかるのではないか」という判断も感じられたからでした。

 

もちろん、業者に迷惑がかかる分、費用の方も高くなることは明白だと思ったからです。

 

管理人シバの場合のオプションの件、イレギュラーな件はこれが該当しました。

 

管理人シバはイケヤの家具を多く購入していましたので、この家具のバラしと組み立てには別料金になることと、管理人シバの引越し先の状況がマンション一括入居という特別な条件でしたので、「時間と手間がかかる=料金が高くなる」と言われたからでした。

 

なんだかんだと、メールでやり取りをしていく過程で、上乗せの追加金額を言ってきましたので、今回は申し訳ありませんが兼業引越し業者のすべてをリストから外しました。

 

後は、大手専業引越し業者との比較となりましたが、ともに自宅見積もりをした結果から金額に大きな差がありましたので「アリさん引越社」を選らんだというわけでした。

 

管理人シバは、交渉と言いますより見積もり比較をしっかりとやり、引越し業者の割引条件を上手に利用した引越しをしすることでさらに格安料金となりましたが、単身引越しをする人の中には、相手から出された見積金額をまったく見ることも無く決めてしまう人もいるようです。

 

「しっかりと見積もり金額をチェックする人」もいれば、「まったく見積もり金額の確認をしないで決めてしまう人」もいるというわけで、引越し業者としてみればこのようなひとの行動から平均値を出して利益の計算をしているわけです。

 

これに対して、管理人シバは少しでも引越し費用を安くできる方を選びたいということから、「しっかりと見積もり金額をチェックする人」側に入ることを提案しているわけです。

 

また、「アリさん引越社」には直接自宅に来てもらって見積もりを計算してもらえるという自宅見積もりサービスを利用しましたが、管理人シバが想定してた引越し金額より安い金額の見積もりをいただけましたので「即決」してしまいました。

 

そのやり取り(交渉)の中で、「どうして安い見積もり金額だったのか」という話も聞いてみました。

 

すると、「曜日、時間のすべてを引越し業者お任せにしたこと」、「家具の少なさが引越し料金の安さ」になったと言われました。

 

そのアドバイスの結果からとなるのですが、あまり自分の都合を業者に要望するのではなく、相手の安くできる都合に合わせると引越し費用が安くなったり、いらなくなった家具や物を処分して引越しの荷物の総量を減らす努力をすることも費用を安くすることに効果があることを知りました。

 

あと、実際の引越し作業になるのですが、服の多さやなんだかんだで想定以上の段ボール数になってしまい、予定していた搬送トラック(2トン)1台では積みきれなくなり、近くにいた1台が応援に来るというハプニングがありました。

 

作業員は2名、あとで+2名の4名に作業をしていただくことになり、トラック2台で引越しをすることになったのですが、通常ですとこのような場合は追加料金を取られることが当たり前となるのですが、最初に自宅見積もりサービスを利用していたことからそれ以上の追加料金は一切発生しないことは嬉しい誤算となりました。

 

この辺も大手専業引越し業者を選んだための機動力ということでしょうか。

 

アリさん 室内 アリさん 単身引越し

 

管理人シバの難しい引越しのまとめ

 

管理人シバの引越しは、単身+アルファという荷物の量が多少多かったこと、マンション一括引越しだったこと、作業時間や搬入に手間がかかっること、イケヤの家具があったことなど、イレギュラー料金、オプション料金が発生するかもしれないという引越しでしたので「アリさん引越社」を選んだことは今でも正解と思っています。。

 

ですが、荷物の少ない単身引越しとか、オプション料金、イレギュラー料金が必要ない引越しならば、中小兼業引越し業者を比較の対象として考えることも大事かなと思います。

 

他にも、管理人シバの場合のイケヤの家具に関しては、どの引越し業者からも難しいという指摘を受けましたが、この辺に関しても交渉でどうにかなることもありますので、やはり複数の引越し業者との比較が大切だと思います。

 

  • 複数の引越し業者から相見積もりを取るため「一括引越し業者見積もりサービス」を早い段階から活用する準備をしておく。
  • 自分の単身引越しでは、イレギュラーの件、オプションの件が該当するのかをチェックしておく。
  • もし、イレギュラーの件、オプションの件があるのならば、なるべく大手専業引越し業者から相見積もりを取るようにする。

  • 専業引越し業者と兼業引越し業者を別々にして比較検討を試してみる。
  • 自宅見積もりをするときの交渉手順を準備しておく。

 

アリさん 梱包 アリさん 女性作業員

 

追伸:
今回は、マンション一括という方法で「アリさん引越社」を選ぶことになった後日談です。

 

マンション一括という方法は、ある特定の新築マンションへ同じ時期に同時に引越しが集中するという特別な環境で引越しをすることをいいます。

 

皆が皆それぞれの引越し業者を選んで同時に荷物を搬入するとなると、引越し業者同士が重なって現場が混乱となります。

 

ですので、現場に混乱が起きないように特定の引越し業者が現場を仕切り役いう形で任されるわけです。

 

今回の現場では、この仕切り役が「アリさん引越社」ということでしたので、通常でしたらこの業者に引越しをお願いすることが自然で、一番トラブルが少ないやり方といえます。

 

なぜ、管理人シバは、自然でトラブルが少ないやり方(アリさん引越社)を最初っから選ばなかったのかと言いますと、費用を少しでも安くするために「一括引越し業者見積もりサービス」を活用することで有利にできることを知っていたからです。

 

たとえば、理由もなく相手の業者に「もっと安くならないの?」と言っても、値引きする理由がなければ安くなることはありません。

 

管理人シバは、値引きをさせる理由を作るために一括引越し業者見積もりサービスを活用してみたというわけです。

 

管理人シバの引越し交渉では、「他の業者の見積もり金額はいくらだからもっと安くしろ」という交渉をすることはありませんでしたが、万が一想定していた以上の見積もり金額を請求されたりしたときに、他の業者の見積もり金額を知っているのと知っていないのとでは大きな違いがあるからです。

 

また、一括引越し業者見積もりサービスを通して、多くの引越し会社の見積もり価格に触れたり、割引やサービスがあることを知ったりは、決して無駄にはならないように管理人シバは思っています。

 

今回は、オプション料金(イケヤ家具の件)とイレギュラー料金(搬入が難しいマンション一括である件)であることから料金アップを言われた引越し業者もあったのですが、これに対しての対抗策も複数の引越し業者見積もりがあれば怖くないというわけです。

 

ですが、何も対策をしていない状態で、「イケヤの家具は取り扱いが難しいから料金をアップする」、「このマンションの搬入は難しいから料金をアップする」といわれれば、それは事実なので、諦めて高い料金を仕方なく納得してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

ほんとにちょっとした努力の差ということなのでしょうが、一括引越し業者見積もりサービスによって何も知らないのと知っているのとでは、相手に対する交渉でも大きな違いが出ることを知っておきましょう。

 

引越し侍

 

単身引っ越し 引っ越し 荷物

 

単身引越

 

引っ越し 単身パック 料金 単身引越し 格安

 

ワンルーム引越し

 

引っ越し 単身パック 料金 単身引越し 安い

 

ワンルーム引越し 費用

 

引っ越し 単身パック 料金

Copyright © 2022 単身引越しを安くする満足の引越し業者選びAll Rights Reserved.