単身パックとレンタカーの安さの違い

単身パックとレンタカーの安さの違いとは

単身パックとレンタカーのメリット、デメリット
レンタカー引越のメリット 誰の助けも借りずに自分ひとりで作業をすればトータルで多少料金が安くなることもある。

 

自分一人であれば、自分のペースで引越しをすることができること。

レンタカー引越のデメリット 車の手配、荷物の梱包、積み込み、積み下ろし、車の運転、事故のリスク、すべてを自分で行うこと。
単身パックのメリット 作業は人任せ。引越し資材の無料提供もある。自分は引越日を決め荷造りをするだけ。

荷物が少ない方向きで、単身引越しであれば安く済ませることが可能。

単身パックのデメリット サイズの決まったボックス単位のため荷物が多めの場合の対応は難しい。

 

単身パックの安さとは

引越し単身パックの安さについてですが、一言で言ってしまえば引越業者の努力あってできた安さの単身パックなわけです。

 

以前ですと、荷物の多い少ないの単身引越しにもかかわらず、2トントラック+作業員2名を基本に計算する業者がほとんどでした。

 

引越し単身パックは、あらかじめ決めらているサイズのボックス使うことで配送コストを減らし、手間も減らすことで安い料金を実現したわけです。

 

そんな安い引越し単身パックのサービスにもデメリットがあります。

 

それはコストを下げるために決められたボックスサイズに、すべての荷物を収めなければならないことです。

 

引越業者ごとに決まっているボックスサイズをわずかでも超えてしまうと単身パックのサービス対象にならないことになります。

 

このように安いと言われている引越し単身パックにも、引越しする方によっては不向きもありますので、事前にしっかりと検討してから選ぶことにしましょう。

 

レンタカー引越しの安さとは

レンタカー引越しと単身パックの違いから安さを見ていくことにしてみました。

 

安さだけを比較するならば、人によっての条件もあるでしょうが、レンタカーの方が安くなるのではないかと思います。

 

ただ、安さを出費するお金と考えた場合はもっと難しくなります。

 

友人などに引越しの手伝いをお願いした場合は、食事代、夜の呑み代金、お礼金を渡すことになったり、レンタカーのガソリン代、高速代金、駐車代金、養生代金、ダンボール代金、他にも必要に応じて、引越し作業に必要はもののお金がレンタカーではかかる場合があります。

 

その点、引越し単身パックですと、余分な出費があるとしてもお昼に作業員にサンドイッチとコーヒーの一本も渡せば気持ちよくやってくれますし、ともかく他の出費がほとんどないのか業者の単身パックです。

 

引越し単身パックとレンタカー引越しのまとめに関しては、荷物の量が決められている単身パックに対して、やや荷物の量を多めで対応することができるのがレンタカーです。

 

距離に関しては、近距離、中距離、遠距離に設定されている単身パックに対して、レンタカーでは時間制と距離制のふたつから計算されます。

 

引越しの苦労に関しては、引越し単身パックとレンタカー引越しでは、大きな差があるようです。

 

レンタカー引越しでは、作業でヘトヘトになるまで疲れますし、車の手配や、引越しの段取り、車の運転さえも自分自身でやることになり、引越しの苦労が倍増することになりますが、単身パックでは業者がほとんどの作業をやってもらえますので、引越しの苦労がすくないものとなります。

 

引越し単身パックとレンタカー引越しのどちらを選ぶと良いかでは、自分の相性にもよりますが、一括引越業者見積もりで業者の見積金額を比較してから考えてみてはいかがでしょうか。

 

つまり、引越しにかかる費用によって、レンタカーにするか単身パックにするのかを選ぶわけです。

単身パックとレンタカーの違いとは

TOPへ