引越し前日、引越し当日の作業

 

管理人シバが一括引越し業者見積もりを試す!

あまりにも簡単な比較に驚き!
業者比較と費用比較の簡単さ 急ぎの引越しにも対応できること 幅広い業者からの見積もりを取れること 要望に沿った見積もりができること

引越し前日、引越し当日の作業とは◎

引越し前日、引越し当日の作業とは◎

引越し前日、引越し当日の作業とは〇

引越し前日、引越し当日の作業とは〇


管理人シバが両方一括業者見積もりサービスを試してみたところ、「引越し侍」の一括引越し業者見積もりサービスは、引越し業者の費用の比較がリアルタイムで簡単に比べることができ、引越し業者の評価、引越し業社の口コミも同時にチェックできるというとても使いやすいサービスでした。


管理人シバは、あまりの便利さにサービスを試してみて驚きました。


今までの、一括引越し業社見積もりサービスでは、登録されている業社に一括見積メールを送り、翌日以降に見積もりの返信を貰うと言う時間のかかるサービスだったからです。


それが、初めて一括引越し業者見積もりを使う方でも簡単に、そしてその場での見積費用の比較かできるわけです。


もう、このサービスを使えば、今までのように待つ必要が全くなくなりました。


これも時代の進歩っていう事でしょうか。新しいサービスはほんとに便利になったものです。


そんな理由から、この業者が提供している一括引越し業者見積もりサービスを1位とさせていただきました。


その場ですぐ業者見積もり比較ができる、簡単便利なサービス!

引越し 単身パック

引越し侍予約サービス


大手、幅広い業者からの見積もりに満足!

業者比較と費用比較の簡単さ 急ぎの引越しにも対応できること 幅広い業者からの見積もりを取れること 要望に沿った見積もりができること

引越し前日、引越し当日の作業とは△

引越し前日、引越し当日の作業とは◎

引越し前日、引越し当日の作業とは〇

引越し前日、引越し当日の作業とは〇

・「LIFULL引越し」は、少し辛口の評価となったのかもしれませんが、「業者比較も手間の簡単さ」の項目だけを「」の評価としました。


管理人シバの評価は、ランキング2位としました。


正直、実際に一括引越し業者見積もりを試してみるとわかると思うのですが、「LIFULL引越し」では翌日以降に、引越し業者側から見積もりメールが送られてきて初めて見積もりが分かると言う、とても時間がかかるサービスだったからでした。


大手、地元密着の一括業者見積もり

引越し 単身パック

HOME'S引越し見積もり


 

引越し前日、引越し当日の作業とは

単身 引越し前日、当日では、
旧住所でやることと新住所でやることをまとめましたので、
それに従って作業を進めていってください。

 

特に、旧住所では現状復帰調査の確認、
新住所ではガス開栓の立会いが大切です。

 

引越し作業は引越し業者に任せればよいと思いますので、
あとは自分がしなければならないことに集中しましょう。

 

引越し当日は、段取りを確認した後、なるべく早めに睡眠をとりましょう。

 

[単身 引越し前日、当日]

 

『旧住所』
大家さん、近所への挨拶
ガス使用停止の立会いガス料金の精算
電気ブレーカーを落とし電気料金の清算
最後の忘れ物チェック
貴重品をバックに保管
鍵の返却
部屋の「現状復帰義務」調査
  (搬出と同時に管理会社の立会い調査が一般的)
ご近所へのごあいさつ
水道料金のご精算
清掃と戸締り

 

『新住所』
搬入された荷物の確認
大家さんに挨拶
近所への挨拶
電気使用開始
ガス使用開始
  (入居当日に立会い開栓ができればお風呂、ガスがすぐに使える)
水道使用開始
電話使用開始

 

 

引っ越し 前日大家さん、近所への挨拶
旧住所では、大家さんに挨拶をしておきましょう。

 

何事もそうですが、
「飛ぶ鳥後を濁さず」という気持ちを持っていれば、
新居での新しい生活もうまくいくのではないでしょうか。

 

 一人暮らし 引っ越し いくらガス使用停止の立会い
旧住所での使用停止、新住所での開栓は立会いが必要となります。

 

一人暮らし 引越し 比較電気ブレーカーを落とす
旧住所では電気ブレーカーを落とします。

 

新居ではブレーカーを上げることになりますが、慣れていないとちょっと怖いものもあります。

 

一人暮らし 引越し 料金最後の忘れ物チェック
最後に忘れ物チェックをする意味で、すべての場所を再チェックしましょう。

 

引越し 荷造り貴重品をバックに保管
貴重品を引越し業者に配送してもらうのではなく、
バックを決めておいて自分で運ぶことにしましょう。

 

何かあった時に安全ですし、
うっかり忘れてしまうこともないからです。

 

引越し 印鑑登録鍵の返却
大家さんに鍵の返却するときは、最初にもらった鍵を返すようになります。

 

入居中に紛失などの理由で作り直しになった鍵は含まれません。

 

もし鍵の提出ができなければ紛失料金を請求されることになります。

 

単身パック部屋の「現状復帰義務」調査
引越し当日、荷物搬出完了したら、
現状復帰義務」調査があります。

 

最近では、大家さんがチェックするというより管理会社の調査員がチェックにきますので、
時間をロスしないようにうまく予定を合わせておきましょう。

 

この調査では、入居時にチェックしておいた傷や劣化の具合をもとに、
こちらが新しく傷などつけてしまった場合、それを現状復帰させるために、
最初に払っておいた保証金からその分を引かれるわけです。

 

現状復帰といいましても、
普通に生活するうえでの劣化などに関しては請求の範囲となりませんが、
どこまでが請求され」、「どこまでが請求されないか」を
自分で知っおかないと相手の理不尽な要求に対して文句を言うことができません。

 

参考のため、現状復帰で「請求されないもの」と、
請求されるもの」をまとめておきました。

 

請求されないもの

・通常生活での常識的な汚れ。
・通常生活での窓、障子などの磨耗。
・小さな傷。
・別途エアコンを取り付けた跡。

請求されるもの

・壁紙の破れ、壁の凹み、傷。
・家具などによる床の凹み。
・タバコによる壁紙の変色。
・ペットなどによる部屋の傷。
・水周り、特に台所化粧板の剥がれ。
・キーなどの紛失。

管理人シバの搬出時に起きたトラブルのこと

 

壁に時計や額縁などを取り付けてできた穴のに関してですが、
小さな穴でしたら大丈夫ですが、
大きな穴を開けた場合は現状復帰として請求される場合があるようです。

 

管理人シバの場合でしたが、
台所化粧板の剥がれ」が
現業復帰としての対象として請求の指摘を受けました。

 

通常に使っていて、
しかも新築入居ではなかったのですが、
前居住者と自分を合わせての経年変化なのに、
なぜ管理人シバだけが現状復帰として修理代金を払わなければならないのか
最後までどうしても納得がいきませんでした。

 

その時点では引越し作業で忙しいこともありましたのと、
現業復帰でのことをよく知らないこともあり簡単にOKしてしまったのですが、
管理に詳しい知り合いの不動産屋に聞きましたら、
このような事例も含めてその場で納得できないことを相手に主張をしないと、
後になってからですと、ほとんどの例でお金が戻ってくることがないそうです。

 

引越し後にちょっと悔しくなって某建材メーカーにも確認してみたところ
湿気の多い場所にある台所の化粧パネル耐用年数は10年くらい」だそうです。

 

つまり、新規入居でなかった管理人シバは
前入所者の住んでいた経年ぶんも合計されて現状復帰の支払いとなった訳です。

 

ここまで考えてみて、やっと理不尽と感じた意味が理解できました。

 

確かに、引越しの最中にちょっと知っておくことを学ぶことは大変なのですが、
このようなことがあったということを知っておかないと、
管理人シバと同じように理不尽な相手の請求に対して何も言えない結果となってしまいます。

 

まとめですが、新築入居のときにはとても面倒なのですが、
必要以上にとキズ、経年変化の状態をメモしておくとか、
写真に撮っておく必要を感じました。

 

トップへ戻る